はなえの手紙 ~ 幸せはこぶラブレター ~

セラピスト はなえのブログです。あつあつの幸せをお届けします☆

変心



人気ブログランキングへ






自分を変えていく方法はいくつもあります。





私の話を例に出しますね おねがい



私は過去を振り返り、過去と同じような辛い経験をまた繰り返すのではないかと、不安になることが多々ありました。

人とうまく関わろうとして失敗することも多かったり、感情をどう表現すれば良いのか分からず、自分とはなんなんだろう?と疑問に思うこともありました。




人からお褒めの言葉をいただくことがありました。
そんな時、私の心の第一声は決まって
「そんなわけない」
でした。(笑)

こんな私のことを褒めてくれる人なんていない。
あの言葉はきっと嘘だ!

そう思うことが自分を守る手段でした。




でも~???

いつも笑顔で幸せそうな人をとても羨ましく思っている自分がいました。
いいなぁ~っていつも思っていました。




そこでっ!!

私も毎日笑いたい、幸せになりたいと思い、
私のできることからはじめてみました ニコニコ



まずはじめに一番身近なところから変えていこうと思い、言葉を変えてみましたニコニコ
多分これはいろんな方が実行されている方法だと思いますが、
お褒めの言葉をいただいたら嘘でもいいから

「ありがとうございます!」

って言うことからはじめました ニコニコ



はじめのうちはお褒めの言葉に対してむず痒いし、さんざん人の言葉を疑ってきたので、

「この人ほんまにそんなこと思ってるんやろか?」

「嘘ついてまでありがとうなんて言いたくないわ」

「あんな言葉嘘に決まってる」

って 今までの考え方がチラチラ出てきたんですが、
それでもイヤイヤ(笑)続けていくうちに

「ちょっとおもろいぞ?」

という感覚が出てきて、

しまいには

「ほんまにそうなんかもしれん!」

「ほんまやと思わなもったいないな」

と、

気持ちに少しずーずーしさを持てるようになりました。(笑) 





自分を変える方法はいろいろありますが
言葉から変えていくのもひとつの方法だと
自身の体験を通して思います ニコニコ





余談ですが、
脳は「主語」を全て「私」にする機能があるそうです ニコニコ
なので、誰かに向けて放つ言葉は全て自分へかけていることになり
「あなた」=「私」となるそうです。

だとすると「ありがとう」という返答は
「あなた」のみならず「私」対しても同じようにお礼を言っていることになりますね ニコニコ




褒められることに慣れていない人もいると思います。
人の言葉を疑うこともあると思います。

けれど、
「私」の受け取り方を変えれば
「聞こえ方」も変わっていきます。

いきなり受け入れるのは難しいかもしれないけれど、
言葉を通して徐々に、
慣れていけば良いのではないかと思います ニコニコ





今日は「言葉から変える」というお話でしたクローバー
次回もここで お会いしましょう☆









お問い合わせはこちらまで

ラブレター  ohanahanahana@gmail.com

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。